2016年06月30日

変な憲法で自衛隊員を殺すな

変な憲法のせいで自衛隊員の生命が危機に瀕している。憲法が変なのではなく日本の周りの国が変なのだが。国際規範を守らないと宣言している狂気の国に囲まれて何が平和憲法か。自衛隊員の危機は日本国民の危機でもある。
狂った憲法は早急に破棄しなくてはならない。周りの狂った国を破棄できない以上は。シナの走狗たちは今回の選挙でせん滅するのはもちろん、財界のいいなりの政党でも日本人の命は守れない。日本人の命を守れるまともな政党がアメリカの妨害に屈せず登場することを切に願う。
posted by 人権太郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

走狗連合の表現の自由と説明責任

シナの走狗連合はあいかわらず戦争法だなんだってテレビやなんかでなんとかシナの侵略がうまくいくように毎日叫んでいる。でそれを「これは表現の自由だ」って開き直っている。ちょびひげのおっさんなんかもそうだけど、走狗連合は自分たちの主張は表現の自由だって大声で叫ぶけど、おかしいよね説明してよといわれると知らんぷり。テレビなんかで表現の自由っていうなら質問へのていねいな説明の義務もあるんでないの。まあ走狗連合にそんな合理的な対応を求めても無理か。自分たちの言論は表現の自由、都合の悪い言論はネトウヨのヘイトスピーチ
だから規制しろっていうやつらだから。
posted by 人権太郎 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

日本共産党というレガシー

左翼の歴史は日本の国家秩序を乱し、国家を崩壊させようという策略の歴史であった。この勢力と日本を永久に支配下に置こうとする在日勢力の結託は想像に難くない。日本共産党はなぜ中国による日本の領土侵犯に無関心か。彼らは「日本はアメリカに支配されている。それよりは自分たちと考え方の似通った中共に支配されたほうがベターだ。」と考えているのだ。だから自衛隊は自分たちの理想の実現の妨害装置でしかない。日本人が中共のミサイルで皆殺しになろうと興味がない。自分たちの思想が実現すればそれでいい。誰が聞いてもおかしい戦争法案などと大声で叫んでいる。日本を愛する人間にとって敵でしかない。
posted by 人権太郎 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。