2015年07月07日

アジアのあほな国2つ 

 アジアのあほな国といえば日本と韓国。ありもしないことでいつまでもたかりつづけるあほとありもしないことで謝り続けるあほ。謝り続けるあほの役人は相手の言うこと丸呑みして時間がたてば退職金をもらってばいばい。日本はいつまでも侮蔑と謝罪と賠償。売春婦が世界ではSEX SLAVEだとされ、日本人が極悪非道で滅べばいいと考えられているが、あほの日本人はテレビにだまされて「あー日本人はすごいって世界で思われてるんだ」

基地外日本人が新たな燃料を投下したのが負の世界遺産。SEX SLAVEだけでは燃料が足りないと思ったのか大型爆弾を自国に投下。

もう世界に日本のミカタなんかいなくなるよ。アメリカは「日本人はアメリカの盾になってから死ね」と思ってるんでニコニコしてるけどね。しかしなんでやってもないことで先祖を傷付け、子供たちに汚名をきせて世界で侮辱されないといけないんだろう。恐ろしいのは全部「害務省」がまいた種っていうこと。売国自民党とパチンコマネーの闇、害務省と反日宗教団体の闇、純粋な日本人よそろそろ蜂起しようよ。
posted by 人権太郎 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421949031

この記事へのトラックバック