2015年07月10日

アベの売国 今後の予想

アベがみごとな売国で無事、日本のアウシュビッツを世界遺産に登録した。愛国者の仮面をかぶって体を半島においたこの売国奴は虎視眈々と次の売国を狙っているのだろう。私が予想するのは秋の朴との会談の手土産の巨額賠償と、ヘイト対策と銘打った愛韓反日法の制定だ。

アベはうれしそうに朴と会談し、「両国の和解のために私は決心した」とかいって、日本の国家予算一般会計相当の200兆円をこれから毎年SEX SLAVEへの賠償に用意いたします。また今後未来永劫に日本国民は韓国に謝罪し、一切たてはつきません」なんて声明を発表して、ついでに「日本国内で韓国に反対する勢力が増えないように愛韓反日法を制定し、韓国人の利益に反する言論や運動は一切禁止します。また違反をとりしまるために愛韓警備隊を組織し、愛韓反日法違反者は処刑します」なんて約束しちゃうと。冗談じゃなくアベならやりかねねいと思うんだよね。
posted by 人権太郎 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422087165

この記事へのトラックバック