2015年09月20日

長谷川幸洋さんの秀逸なコラム

 安保法案に反対している者で日本独自の防衛力強化を主張している者以外は痴呆か侵略勢力の走狗と思うが、長谷川幸洋さんが秀逸なコラムを書いている。戦争法案・徴兵制・対米従属のレッテルをはって議論を逃げた野党と呼ばれる走狗連合の国会対応を批判している。
 中身は概ね否定するところもない正論である。正論であるのは「日本共産党は一貫している」「一貫して間違ってはいるが」ということで何とも手厳しい。私も日本共産党は今回の反日勢力の運動の中では独自の立場にあるのではないかと考える。日本共産党はもごもごではあるが一応、尖閣諸島は日本固有の領土と認めている。尖閣は中国の領土を日本が泥棒したと主張する民主党党首とは大違いだ。民主党は反日政党であるが、党内の議論がまとまらないので安保法案の議論から逃げ回っている。逃げ回りながら歳費はちゃんと懐に入れている。歳費だけでなくおそらくは工作費も。。。。
 民主党は逃げ回るだけでなく、戦争法案というレッテルをはって日本の防衛力強化を阻害しようと工作する。日本の政党が日本の国防を阻害しようというのだ。日本の領土を奪い、国民を殺戮することに加担しようというのだ。こんな政党が存在するとは。この政党がこれほどにおどろおどろしく薄汚いのはそこに集まる薄ぎたない人間に起因する薄汚さなのだろう。それ以上はテレビで演説をみていれば説明もいるまい。
posted by 人権太郎 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。