2015年09月21日

安保法 撤回求めデモ 横浜で学生ら 観光客も一緒に行進(東京新聞 9/21)=頭おかしい新聞

 捏造、変態だけでなく、日本には頭のおかしい新聞がほとんどだ。日本の防衛力強化のための安保法案を戦争法案となじる新聞が9割、安保法案を冷静に防衛力強化のための政策と評価したのは産経、読売と筆者が気付いた範囲では北國新聞くらいだ。あとの新聞は気がくるったようにわめきちらしている。
 地方紙でも走狗連合(=特亜偏重主義・滅日嵌日主義)のトップをひた走る北海道・東京・中日だが、頭がおかしくなったようで(元からか)、新聞の見出しが「安保法 撤回求めデモ 横浜で学生ら 観光客も一緒に行進」。これ笑わそうとしているのか。本部(在外)の指令なのかよくわからないんだけど、まあいいか。
 とにかく走狗連合の反日キャンペーンが奏功して安倍ちゃんの支持率も数%下がっているようだし。もっと笑うのが「国民の多くが安保法に反対」とはさすがに走狗連合もうそがばれると思っているのか「国民の多くが安保法の審議が不足」なんてねつ造の世論調査であおっていること。審議が不足?衆院で113時間、参院で103時間だぜ。その間どんな審議があった?毎度バイブレーターや元外国人がでてきて日本の悪口やアベちゃんの個人攻撃するだけだろ。もっと審議しろって?またこんなくだらないことで日本の足引っ張ってほかの審議が進まないようにしようっていうんだろ。言論の自由は反日勢力の錦の御旗。賢明な国民はとっくにお見通しだぜ。
posted by 人権太郎 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426472510

この記事へのトラックバック