2016年06月30日

変な憲法で自衛隊員を殺すな

変な憲法のせいで自衛隊員の生命が危機に瀕している。憲法が変なのではなく日本の周りの国が変なのだが。国際規範を守らないと宣言している狂気の国に囲まれて何が平和憲法か。自衛隊員の危機は日本国民の危機でもある。
狂った憲法は早急に破棄しなくてはならない。周りの狂った国を破棄できない以上は。シナの走狗たちは今回の選挙でせん滅するのはもちろん、財界のいいなりの政党でも日本人の命は守れない。日本人の命を守れるまともな政党がアメリカの妨害に屈せず登場することを切に願う。
posted by 人権太郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

走狗連合の表現の自由と説明責任

シナの走狗連合はあいかわらず戦争法だなんだってテレビやなんかでなんとかシナの侵略がうまくいくように毎日叫んでいる。でそれを「これは表現の自由だ」って開き直っている。ちょびひげのおっさんなんかもそうだけど、走狗連合は自分たちの主張は表現の自由だって大声で叫ぶけど、おかしいよね説明してよといわれると知らんぷり。テレビなんかで表現の自由っていうなら質問へのていねいな説明の義務もあるんでないの。まあ走狗連合にそんな合理的な対応を求めても無理か。自分たちの言論は表現の自由、都合の悪い言論はネトウヨのヘイトスピーチ
だから規制しろっていうやつらだから。
posted by 人権太郎 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

日本共産党というレガシー

左翼の歴史は日本の国家秩序を乱し、国家を崩壊させようという策略の歴史であった。この勢力と日本を永久に支配下に置こうとする在日勢力の結託は想像に難くない。日本共産党はなぜ中国による日本の領土侵犯に無関心か。彼らは「日本はアメリカに支配されている。それよりは自分たちと考え方の似通った中共に支配されたほうがベターだ。」と考えているのだ。だから自衛隊は自分たちの理想の実現の妨害装置でしかない。日本人が中共のミサイルで皆殺しになろうと興味がない。自分たちの思想が実現すればそれでいい。誰が聞いてもおかしい戦争法案などと大声で叫んでいる。日本を愛する人間にとって敵でしかない。
posted by 人権太郎 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

サンデー毎日に見る走狗の思考回路

 サンデー毎日、もちろん変態系なので金をだして読むことはないけれど、新聞の広告をみていると「この国は資本家の国になった」という題がおどっていた。いままで走狗の思考回路というのがシナの洗脳以外思い浮かばなかったけれどこれを見て少し走狗たちの思考回路が理解できた気がする。走狗たちは階級闘争の視点で政治情勢を理解しているわけだ。労働者のミカタか資本家のミカタか?資本家のミカタはにくむべきアメリカでありその子分が安倍首相ということになるのだろう。その資本家連合がわが平和主義の中国様をおびやかしているけしからん。走狗たちにとって労働者のミカタは共産党であってシナの共産党もバラ色にみえるのだろ
う。
 さて、階級闘争のみですべてを色分けする走狗たちにとって、シナが日本の庭にはいりこんできて「ここおれの領土だから」といっても何の危機感も感じないらしい。走狗たちはもはや日本の国防には何の興味もないのだ。階級闘争に勝ち抜くためには中国共産党の力を借りなくてはならない。中国こそこの国を支配するべきだ。本気でそう考えているのだ。
 普通の日本人にはついていけない思想だ。階級闘争と庭をうろうろする侵略者を排除するのはまったくの別問題だ。その峻別もできないほど走狗たちは老いぼれ痴呆の域に達しているのか。日韓の紛争の火種をつくった九州の売国奴を筆頭に。
posted by 人権太郎 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シナの走狗に自由は必要か

 日本のマスコミの9割は反日親日で分類すれば反日側に入ると思うのだけれど、反日の最先端にいるのがいうまでもなく捏造新聞や変態新聞。日付以外は全部ウソとはよくいったもので、自分たちの都合のいいように切りぬき張りぼての記事を作成 まあそれをねつ造といっても過言でないんだけど。
 で、ここ数年でその正体もばれてしまって要するにこの反日マスコミはほどんどバックがシナだったわけで、だからその論調が人民日報とほとんどたがわない。本人たちは気が付いていないけど共産党独裁のシナの論調が議会制身主主義の日本で通じるはずもない。だからシナ司令部の命令で「民意は選挙じゃない」とか「
日本は中韓に土下座して謝り続けるんだ」としきりに吹聴しても日本の民衆の感覚とはかけ離れていてふえをふいても以前のようには踊ってくれない。
 このシナの走狗たちが愛用してきたのが「人権」や「平和」。シナとは対極の概念だけど、民主主義国家である日本では不変の概念で反対する人はいない。反対する人がいないのにつけこんで「人権は絶対だ。表現の自由を守れ」と恫喝しながら捏造報道を平気で行い日本を貶め、その進路を謝らそうとする。また平和を脅かすなと言って国防を妨げようとする。走狗の詭弁から国益を守るためには走狗たちの狂った言論を制約しなくてはならないのだけれど、そこは民主主義国家日本、民衆の知恵で走狗の詭弁を見破りれるはずで、いま日本はその試練にたたされている。走狗の自由を制限したい気持ちはその傍若無人ぶりをみるとやまやまだけれど、民衆の知恵でこれに立ち向かっていかなくてはならない。それが人権の本質だ。
posted by 人権太郎 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

外務省・日本政府のくずっぷり

日本の国際的地位が底をはっている大きな理由は害霧省のくずっぷりによるところが大きいのでないか。シナが南京大虐殺という空想をユネスコに登録しようとしているが、害霧省が各国で積極的に日本の立場を説明しているという話も聞かない。さらにいえば今回の安保法案の趣旨もどの程度海外に説明しているのか。酒をのみながら、高級料理を食いながら一部の高官に説明して十分だというなら大間違いだ。各国のメディアに積極的に現地のことばで説明する必要がある。海外のメディアの報道では安保法案は「長年の平和主義から日本が踏み出す」とか「自衛隊の海外への展開が可能になる」という趣旨の報道がほとんどだ。日本としてはちゃんと現地の言葉で正確にその法案の趣旨・内容・国の立場を説明するべきだ。海外にどう思われようが構わない、金さえばらまいとけば大丈夫という役人主義が日本の対外的な立場を危うくするのだ。その結果、日本が追い詰めれら戦争を始めたのでなかったか?
 シナにいいようにあしらわれる政府・シナへの援助からバックマージンをとって懐がうるおえばいいやという自民党、シナの走狗となり国益を棄損し続ける民主・共産。国民の利益や民族の誇りは誰が守ってくれるのか?
 
posted by 人権太郎 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

走狗連合は何を追い込まれているのか

 走狗連合(TBS・NHK・あれ)の最近の偏向ぶりは吐き気を催すほどで、朝から晩までなんとか日本を陥れよう 中国の思うとおりに日本を動かそうと必死である。かつてはプライドがあったのでいくらなんでも過激派のデモの中に入って市民運動呼ばわりしたりそこまではできなかったが最近は何でもありだ。あることないこと、ないことないこと でたらめ放題だ。これだけ偏向すればさすがに国民の間にも「おかしいんじゃないか」という声があがってくるものだが、サイレントマジョリティは日本人側だから声が小さい。
 走狗連合のボルテージがあがったのはシナで臭が政権の座についたころからだろう。臭は強権政治で有名だが日本の走狗たちへの締め付けもさぞ厳しいのだろう。走狗たちは「次はこの手で行きます」と次々シナに提案し、実行に移すのだが、いまのところ安倍ちゃんのほうが一枚上手で走狗連合破れたりというところか。ウーアルカイシ氏ばりにフールズを利用しましょうという提案もいまのところ奏功しているとはいえまい。選挙権がないのだから。
posted by 人権太郎 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

マツダの説明に疑義あり

 マツダの車も乗ってないし、買う気もないのではあるが、マツダがVWの騒ぎで当社はコンプライアンスを順守していると声明を出したので少し物申す。
 ディーゼルはNOXを吐き出すのにCO2排出が少ないということでなぜか「クリーンディーゼル」ということになっている。このネーミングにマツダの罪があるわけではないが。
 
 日本では他のメーカーがディーゼルに消極的であるのにマツダは非常に熱心だ。腹が立つのはマツダがディーゼルは地球にやさしいとはっきりHPでうたっていることだ。NOXをはきだしておいて地球にやさしいもないと思うが。「初期の規制に比べポスト新長期規制ではNOXが84%規制されるからクリーンだ。」
ちょっと日本語の意味がわからない。

マツダのディーゼルの売りはいいことずくめだ
  力強い加速感
  静寂性
  低圧縮比を利用した燃費性能

でVWの不祥事が発覚すると、「低圧縮比でパワーを犠牲にして後処理不要にしてるんですわ。」
あれ? パワー犠牲にしてたの?確かにトルクはうたってるけどパワーってどこにも書いてないね。

 今問題になっているのは検査の不正だけでなく、検査そのものの有効性、つまり検査と実走の差が大きすぎるという2つの話が問題になっている。マツダがコンプライアンスを守っているというのは前者についてのみだ。いずれ後者の問題にも答えなくてはならない。ディーゼルが地球にやさしい? 消えていくクリーンディーゼルに追い打ちをかける気はないが、商売のためならどんなせりふでもはいていいのか




 

 
posted by 人権太郎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

キチ外日本が今日も行く(=ああわが祖国よ)

 岸田がロシアに嬉しそうにいって、「ロシア・中国・韓国は良心的な戦勝国だ、日本はひれふすしかない」といわれて嬉々として帰途についたそうだ。明確なのは日本は世界でも最も凶悪な悪魔の国に囲まれているということだ。
 アベポチがうれしそうに安保法案を可決したが、そのおかえしにロスでは戦争中の半島出身売春婦は日本軍が拉致したのだという碑を建てるべきという推薦案が中韓人の主張で可決したそうだ。竹島戦略時に人質とした日本人漁民とひきかえに永住権をあたえ、外人にもかかわらず韓国人どもに生活保護まであたえる地方自治体が多数をしめ、その結果がこれだ。日本人は他人を不愉快にしないことを第一に行動するが中韓人の一部は日本人を不愉快にすることが生きがいだ。この問題に火をつけた捏造新聞はいまだに廃刊にもならず俺の声は天の声だとうそぶいている。
 日本がうれしそうに中国に行ったODAは中国を軍事大国化しいまや日本の存在をおびやかしている。国会周辺では走狗と走狗連合のマスコミに騙されたアホが騒いでいる。走狗の小売業経営者は意味不明な主張を大声で行い、走狗連合がその声を伝える。「日本は悪い国、中国は素晴らしい国、韓国は素晴らしい国」と
 韓国人が辺野古の基地移転反対デモで警官に暴行し逮捕された。ロイターが伝えた
「善良な環境保護団体の韓国人がたまたまデモを見学していたところ、妊婦の妻を警察がデモの列に引き込んだ。妻をとりもどそうと警官ともみあいになり逮捕された。日本の警察はとんどもない」

 
posted by 人権太郎 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

安保法 撤回求めデモ 横浜で学生ら 観光客も一緒に行進(東京新聞 9/21)=頭おかしい新聞

 捏造、変態だけでなく、日本には頭のおかしい新聞がほとんどだ。日本の防衛力強化のための安保法案を戦争法案となじる新聞が9割、安保法案を冷静に防衛力強化のための政策と評価したのは産経、読売と筆者が気付いた範囲では北國新聞くらいだ。あとの新聞は気がくるったようにわめきちらしている。
 地方紙でも走狗連合(=特亜偏重主義・滅日嵌日主義)のトップをひた走る北海道・東京・中日だが、頭がおかしくなったようで(元からか)、新聞の見出しが「安保法 撤回求めデモ 横浜で学生ら 観光客も一緒に行進」。これ笑わそうとしているのか。本部(在外)の指令なのかよくわからないんだけど、まあいいか。
 とにかく走狗連合の反日キャンペーンが奏功して安倍ちゃんの支持率も数%下がっているようだし。もっと笑うのが「国民の多くが安保法に反対」とはさすがに走狗連合もうそがばれると思っているのか「国民の多くが安保法の審議が不足」なんてねつ造の世論調査であおっていること。審議が不足?衆院で113時間、参院で103時間だぜ。その間どんな審議があった?毎度バイブレーターや元外国人がでてきて日本の悪口やアベちゃんの個人攻撃するだけだろ。もっと審議しろって?またこんなくだらないことで日本の足引っ張ってほかの審議が進まないようにしようっていうんだろ。言論の自由は反日勢力の錦の御旗。賢明な国民はとっくにお見通しだぜ。
posted by 人権太郎 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

自称サヨク(NHKを含む)よ 平和主義 人権主義を名乗るな。ただの反日運動なのだから

 世界広しといえど、サヨクだから国が嫌いだなどという国は存しない。例外は日本だけだ。日本のサヨク活動は敗北の歴史であるが、その根本的な理由はいうまでもなく彼らが反日・国家崩壊をもくろんでいるからだ。そしてその7割は中韓と連携した走狗であり、残りの3割は走狗であることさえ拒む無政府主義者だ。走狗であろうと無政府主義で有ろうとそのベクトルは同じだ。日本崩壊工作、日本人殲滅、日本の存在否定だ。
 その格好の旗印が「平和主義」「人権の尊重」だ。世界に「反平和主義」を唱える国はない。世界で戦争をするアメリカもチベット人を抑圧する中国も、日本の領土をうばってふんぞりかっているロシアも平和主義だといっている。北朝鮮だって竹島を略奪した韓国だって平和主義をとなえている。
 ところが、日本のサヨクは「国の防衛力を低下させるのが平和主義だ」と主張し、自衛隊の配備や日米安保は「戦争主義だ」とレッテルをはる。こんなおかしいことはない。おかしいのだが、それがあたりまえのように日本人は洗脳されてきた。Tyosen broadcadsting ssystemやNihonjinnokanede-Hanniti-Kyomoyaruzo 、変態新聞、捏造新聞がこれに大きく寄与してきた。
 錦の御旗を逆賊から取り戻さなくてはならない。日本の中だけで逆転した議論をしていても世界に通じない。世界に通じない前に日本が消滅してしまう。自分たちで逆の議論をして結果消滅してもどこの国も同乗しないだろう。
 サヨクはまた人権も自分たちのものだという。しかしそれは単なる国家破壊工作であり、またこれと海外勢力が日本で犯罪をやりたい放題にするのを助けようとする走狗と連携し、日本をめちゃくちゃにしようとたくらんでいる。
 正体のわからない犯罪者が街中に潜む。情報は市民に伝わらず殺され損だ。おかしいじゃないかというと「おかしくない。我々の使命は人権を守ることだ」という。殺される側の人権はどうなるんだ?自称人権派
は「そんなものは知らない」という。街中に監視カメラが設置され犯罪者の摘発率も上がった、しかし自称人権派のサヨクは監視カメラの設置は人権侵害だという。その本質はもっと犯罪がふえてほしいということだ。なぜ犯罪がふえてほしいか?彼らの憎むべき日本人が殲滅できるからだ。ばかばかしい人間たちだ。そういう人間が「人権派」を名乗り、本当に人権を守ろうとする人々を「反人権派」とののしるのだ。
 日本が嫌いな人間、国旗や国歌もにも敬意をはらえないような人間、詭弁ばかりで国益に少しも貢献できない人間、それが〇〇〇だ。これ以上日本の邪魔をしないでくれ。これ以上日本人での犯罪増加に加担しないでくれ。



 
posted by 人権太郎 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷川幸洋さんの秀逸なコラム

 安保法案に反対している者で日本独自の防衛力強化を主張している者以外は痴呆か侵略勢力の走狗と思うが、長谷川幸洋さんが秀逸なコラムを書いている。戦争法案・徴兵制・対米従属のレッテルをはって議論を逃げた野党と呼ばれる走狗連合の国会対応を批判している。
 中身は概ね否定するところもない正論である。正論であるのは「日本共産党は一貫している」「一貫して間違ってはいるが」ということで何とも手厳しい。私も日本共産党は今回の反日勢力の運動の中では独自の立場にあるのではないかと考える。日本共産党はもごもごではあるが一応、尖閣諸島は日本固有の領土と認めている。尖閣は中国の領土を日本が泥棒したと主張する民主党党首とは大違いだ。民主党は反日政党であるが、党内の議論がまとまらないので安保法案の議論から逃げ回っている。逃げ回りながら歳費はちゃんと懐に入れている。歳費だけでなくおそらくは工作費も。。。。
 民主党は逃げ回るだけでなく、戦争法案というレッテルをはって日本の防衛力強化を阻害しようと工作する。日本の政党が日本の国防を阻害しようというのだ。日本の領土を奪い、国民を殺戮することに加担しようというのだ。こんな政党が存在するとは。この政党がこれほどにおどろおどろしく薄汚いのはそこに集まる薄ぎたない人間に起因する薄汚さなのだろう。それ以上はテレビで演説をみていれば説明もいるまい。
posted by 人権太郎 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

安保法案についての意見

まず安保法案は概要として
自衛隊法の改正
重要影響事案安全確保法
船舶検査活動法の改正
国際平和協力法の改正
事態対処法制の改正
国家安全保障会議設置法の改正
国際平和支援法の制定
 があって、話題になっている集団的自衛権は上記の事態対処法制の改正の中で自衛隊法を改正して米軍や友好国の軍隊を守れるようにしましょうというものだ。
 国会のまわりのデモ隊がいうような「自衛隊が海外で戦争するための法案」とか「自衛隊員が戦争で死ぬ法案」「徴兵制のための法案」というのはまったく根も葉もない嘘であることは明らかで、議論の必要もない愚論だ。
 ではこの法案がすばらしいかといえば別に特にすばらしいものでも何でもない。自民党がいうようにこれで対中国の抑止力が高まるかどうかは疑問である。ただ自衛隊法で不備があって、自衛隊や海外邦人の保護に不十分であった部分の法整備がなされたことは評価できる。

 民主党が違憲法案だから対案も出さないといったのは笑止千万だ。一括した法案のすべてが違憲でもあるまい。集団的自衛権が気に入らないのであれば自衛隊法改正の当該部分のみ議論すればいいことだ。それをやらないのは、民主党には巨大なバックスポンサーがいて、その意向でこの法案の具体的な討論にはいることを禁じられているからだとしかいいようがない。

 またマスごみがごみ以下であることはいうまでもないが、法案の本質をはずれ、フールズなどの特定の海外勢力の支援を受けた団体にスポットをあてて論点をずらし続けたことで法案の真摯な議論が妨げられたことはいうまでもない。要するにバックスポンサーは民主党を使って法案の阻止を図るとともに、議論をそらせるためにマスごみを使って世論誘導をおこなったのだ。ただ朝日や変態・朝鮮放送(TBS)などの在日機関も正体がばれているので一部の情弱層しか欺罔することはできなかったが。

 この法案への反対勢力の主張の前半はわかる。アメリカと一体となった集団的自衛権行使はいやだというのだ。では後半は何かというと、後半はまったく欠落している。国民を守る気は全くないというのだ。それどころか積極的に誘致するつもりなのだ。

 実は日本共産党の心ある党員をはじめ国を愛するまともな人間の多くのはこの後半をわかっている。アメリカと一緒ではなく、日本独自で国を守る。つまり核武装をふくめ自国で防衛力を強化する。これしか反対派としての正解はないのだ。

 民主党はメンタリティが外国なので、日本は悪い国で、集団的自衛権を行使すると自衛隊が海外に出て行って他国を侵略すると宣伝する。またその意向を受け一部の憲法学者は「憲法は国家権力に歯止めをかけた。自衛隊も憲法により歯止めがかかっているので集団的自衛権は違憲である」という。キチ外を通り越して地球の反対側のブラジルまで飛んでいきそうな議論だ。

 憲法は人権擁護では政府を抑制する。それは自由な王政により人権が圧迫された反省からだ。しかし自衛権については世界のどの国も性善説だ。自国の軍隊を憲法で縛っておかなくてはならないのだなどと公言してはばからない国は日本以外存在しない。自国の軍隊を縛るということは国民の生命財産を危険にさらすということだ。どこの国の憲法学者がそんなばかな議論をするだろう。
 
 シビリアンコントロールは別の議論だ。選挙で選ばれない軍人を選挙で選ばれた議会でコントロールしようというものでこれは正当な発想だ。むろん、シビリアンコントロールで自国の軍隊をしばりつけなくてはならないなどという馬鹿な発想はありえない。ただ政治のチェックが不十分で軍が民意をはなれたときは民意でコントロールできる。

 東京新聞はゴミ中のごみだが、民主党の防衛大臣が自衛隊の秘密を教えてもらわなかったのはシビリアンコントロールに反しているといいたいようだ。シビリアンコントロールとはいえ、軍は行政機構の一部だ。三権分立からいって、防衛大臣は行政の一部とはいえ、すべての情報を流す必要があるものでもあるまい。

 ますごみはバックスポンサーの原稿をそのまま伝えるので議会制民主主義とあいいれないような主張も目立つ。よほどの弱みを握られているのか、マインドコントロールの下にあるのか



 

 





posted by 人権太郎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

最大の売国奴は日本政府

自衛官よ。こんな国のために命を捨てることはない。日本政府は戦死した自衛官に罵声を浴びせ、先の大戦のように戦地に放置することだろう。
日本政府の売国ぶりには反吐がでる。朝鮮人の売春婦を20万人強制連行したという朝日のSFを事実と認めて謝罪し、結果的に在米日本人を侮蔑と攻撃の対象として喜んでいる。、当時のキチ外どもはいまだにシナや韓国をうろうろして売国活動をしても誰にとがめられることもない。それだけではあきたらずアベはこんどは軍艦島に朝鮮人を連行してきてむりやり奴隷として働かせたと世界に声高々に宣言し、晴れて軍艦島は日本のアウシュビッツとして世界に知られることとなった。このキチ外どもはどこまで売国すれば気がすむのだろう。こんな基地外が支配する日本を命がけで守る?冗談じゃない。まず北朝鮮にミサイル打ち込んででも拉致被害者を連れ戻して、売春婦や炭鉱労働者のこともちゃんと世界に説明して、事実と違う河野談話はさっさと撤回しろよ。そんなこともしないで自衛官に国を守って下さい?お前らが売国をやめるのが先だろう。
posted by 人権太郎 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

TやAの偏向でいまだにだまされる情弱層

アベの安保法案は、日本が核武装しない場合は消去法でやむを得ないわけだけれど、中国共産党の日本語放送
であるTやAのすさまじい偏向放送はもはや報道の中立もかなぐり捨てて、国民をだますというより、中国共産党へのアピールという側面だけかと思ってたら、こんなのにまだだまされる情弱層がいる。朝から晩までテレビを主たる情報源として見続けている老人層だ。老人層は老獪な中国共産党の意向を受けたTやAのでたらめな反日報道にまんまとだまされ、「平和のために安保法案は反対だ」という意見を醸成している。ちょっとまってほしい。中韓に湯水のように金をつぎ込み、結果として豊かな反日国家を作り上げたのはいうまでもなく老人たちの世代だ。あんたらの失敗の後しまつを若い世代が負わされているのだ。「9条となえて死ね」ってどの口がいってる?反省もないにもない。何度も言う。この世代の失敗を背負わされている。日本の左翼的なものはすべてこの世代の失敗である。若い世代はこの負の遺産を背負っていかなくてはならないのだ。もう口はださないで「反省」だけしてほしい。
posted by 人権太郎 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

アベの売国 今後の予想

アベがみごとな売国で無事、日本のアウシュビッツを世界遺産に登録した。愛国者の仮面をかぶって体を半島においたこの売国奴は虎視眈々と次の売国を狙っているのだろう。私が予想するのは秋の朴との会談の手土産の巨額賠償と、ヘイト対策と銘打った愛韓反日法の制定だ。

アベはうれしそうに朴と会談し、「両国の和解のために私は決心した」とかいって、日本の国家予算一般会計相当の200兆円をこれから毎年SEX SLAVEへの賠償に用意いたします。また今後未来永劫に日本国民は韓国に謝罪し、一切たてはつきません」なんて声明を発表して、ついでに「日本国内で韓国に反対する勢力が増えないように愛韓反日法を制定し、韓国人の利益に反する言論や運動は一切禁止します。また違反をとりしまるために愛韓警備隊を組織し、愛韓反日法違反者は処刑します」なんて約束しちゃうと。冗談じゃなくアベならやりかねねいと思うんだよね。
posted by 人権太郎 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

日本のアウシュビッツ 登録辞退はまだですか?

 あほのガイム省がだまされてうれしそうに登録した日本のアウシュビッツ世界遺産だけど、まだ登録辞退しないんですか。でアホの言い分が[forced work]と[forced labor]は違うからとかあきれるのは「請求権訴訟に使わないと何度も確認したから」って。おまえな、「わたし悪いことしました」って世界の前で認めといて「でも裁判では使わないって約束だから」って通ると思ってんの?頭に豆乳でも入ってる?それかガイムショーのことだからトーバンジャンか。
 これってSEX SLAVEの普遍版だよね。おんなじストーリー。女かっさらって無理やりSEX SLAVEにしたっていうのと朝鮮のおっさんつれてきて軍艦島でSLAVEにしたってのと。どんだけ馬鹿なの? あほの日本政府はこんな土下座外交ばっかりやって、にっちもさっちもいかなくなったら「戦争だ―、お国のために死んで来い―」ていうんだぜ。こんな基地外どもに国際交渉をまかさなくてはならない日本人こそ哀れだね。こいつら外向けと内向けで二枚舌使いやがって。自分の二枚舌を韓国のせいにしてるんだぜ。韓国が○○なのはわかってるけど、おまえらもそのうえいってるぜ。
posted by 人権太郎 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバレ ミンチトー

無題.png
カンパレ ワガクニノ ミカタ ミンチトー
posted by 人権太郎 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

アジアのあほな国2つ 

 アジアのあほな国といえば日本と韓国。ありもしないことでいつまでもたかりつづけるあほとありもしないことで謝り続けるあほ。謝り続けるあほの役人は相手の言うこと丸呑みして時間がたてば退職金をもらってばいばい。日本はいつまでも侮蔑と謝罪と賠償。売春婦が世界ではSEX SLAVEだとされ、日本人が極悪非道で滅べばいいと考えられているが、あほの日本人はテレビにだまされて「あー日本人はすごいって世界で思われてるんだ」

基地外日本人が新たな燃料を投下したのが負の世界遺産。SEX SLAVEだけでは燃料が足りないと思ったのか大型爆弾を自国に投下。

もう世界に日本のミカタなんかいなくなるよ。アメリカは「日本人はアメリカの盾になってから死ね」と思ってるんでニコニコしてるけどね。しかしなんでやってもないことで先祖を傷付け、子供たちに汚名をきせて世界で侮辱されないといけないんだろう。恐ろしいのは全部「害務省」がまいた種っていうこと。売国自民党とパチンコマネーの闇、害務省と反日宗教団体の闇、純粋な日本人よそろそろ蜂起しようよ。
posted by 人権太郎 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

新幹線におけるテロ事件について

新幹線で何者か(NHKでは林崎春夫と報道)が焼身自殺を図る事件が発生。直後に官邸に対策本部が設置されました。つまり官邸には本件についてなんらかの事前情報があり、事件発生を受けて官邸として対応が必要になったということ。情報がオープンにされないので推測するしかないですが、一番考えられるのは半島の南、そして北、さらにその西の広大な国土をもつ狂人です。いずれも狂人度では大差がありません。新幹線を襲い、多数の乗客を殺害することで利益を得るという意味では広大な国土を持つ国を疑わざるをえませんが、何らかの事前通告をしてきたという意味では、日本に脅しをかける必要のあるあの国ということになります。私はその国交のない狂国によるテロと断じていいと思います。その国の系列といわれるテレビ局が車両にのり、撮影と称して救助活動を妨害しているのも偶然ではないでしょう。日本への警告である以上、一定の効果が必要なわけで、格好のパートナーといえるのでしょう。今後、日本政府がこの国に対しどのような対応をとるか注視ししていかなくてはなりません。
posted by 人権太郎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。